• 基本的な治療なのだが

    基本的な歯科治療なのですが、やはり根管充填は相当に困難な治療に入ります。写真の根管の先端をよく見てください。S字状に湾曲しているのがお分かりになりますか。この湾曲した部分に根充剤を填入するのは、相当に難しい事です。一般的なメインポイントを使用した側方のみの加圧根充では、これは大半の歯科医院が行っている治療方法ですが、この部分の根管充填は出来ません。これが出来るのは垂直的な加圧根充の出来る歯科医院だけです。しかも根管内部をレーザー照射して水分と老廃物を完全に蒸散しなければなりません。レーザーを当てて内部をクリーンにし乾燥した状態で、無菌的に加圧根充する事が大切です。歯根の先端まで綺麗に根管充填されたら、この歯の寿命は数倍も長くなるでしょう。

  • 根管充填は最も重要な医療技術です

    根管充填はその歯の寿命を決定してしまう重大な歯科医療技術です。歯がカリエスつまり虫歯に侵されて、大きな穴ができて、それが神経や血管が入っている根管に細菌が侵入して感染した後に、神経や血管がなくなった根管に体に為害性のない永久に不変の薬物を充填するのが根管充填です。大事な事は根管内に細菌が生存できるような隙間を残さないということです。ところが根管内は、湾曲したり枝分かれしたり網状であったりするため、この内部に隙間なく薬物を充填するのは至難の業なのです。根管の中には細菌や老廃物の他に多量の水分が存在しています。それを蒸散して取り除くためには、この内部にレーザーを照射する必要があります。レーザー照射の技術なくしてこのレベルの根管充填はできません。神経を取ってから被せてもらった歯がまた悪くなってしまうのは、この根管内部の多量の水分と老廃物を取り除いていないのが原因です。

    最初の写真は珍しい網状の根管の根充写真です。二番目の写真は枝分かれした細い側枝の根管充填写真です。三番目の写真は湾曲した根尖部分の根管充填写真です。根管充填は歯牙の寿命を決定する重要な医療技術なのです。ご自分の歯を治療してもらったなら、その根充の写真を見せてもらってその力量を確かめるのは大事なことです。今からは根管充填の良し悪しをチェックするようにして下さい。そう言われて気分を害するような歯科医師は信頼しない方がよいでしょう。

  • 根管充填の技術

    右下にメタルプレートのあるパーシャルデンチャーつまり部分入れ歯を長年使用している患者さんです。義歯を長く使っていると、残っている歯の清掃状態は悪化しやすいものです。いつの間にか右下の犬歯の歯頚部から虫歯になって、そこから細菌が侵入したために右下の歯茎が大きく腫れてしまいました。最初の画像の歯の根の周りが少し暗くなっています。その部位が感染している場所です。切開して膿を出してから、感染している根管を治療していきました。腫れが引いて痛みもなくなったので、根管充填したのが二番目の画像です。根の先端の所を注視してください。根管から細く充填剤がはみ出しています。ここが大変重要なことなのです。充填剤が少しはみ出しているという事は、ばい菌が生存する場所がなくなったということです。少しでも隙間があればそこで細菌は生きてゆけますが、そのスペースがなくなったら、細菌は住む場所がなくなり死滅していきます。だから隙間を絶対に残してはならないのです。そのためには根管充填する時に、垂直的に圧を加えなくてはいけません。しかし、この垂直的に加圧する技術を持った歯科医は、大きな声では言えませんが、5パーセントもいないのです。それ程この技術は難しいことなのです。歯科医もより良い歯科医療を行うために努力しなくてはなりません。こんな細くて狭い部分に根充剤を緊密に詰めるには、この狭い部分をレーザー照射して細菌や老廃物を蒸散する必要があります。同時に乾燥もしっかりしなくてはなりません。そこまでやれば保険の診療報酬では採算が取れないかもしれません。しかし、患者さんのためにはより良い診療を行うべきでしょう。根管充填した画像を見せてもらうことはできますから、それをしっかり見てご自分の歯医者さんがどんな治療をしているのかチェックすることも大事なことです。正しい歯科の知識を知って、ご自分の大事な歯を守ることは、幸せな人生をつかむためには大切なことです。

  • 知歯(親知らず)の根充

    上顎第三大臼歯の根管充填はよほどの場合でない限りやることはありません。親知らずはカリエスつまり虫歯になるとすぐに抜かれる運命なのが一般的です。親知らずが生えてくる時に後ろから歯列全体を押すために歯並びが悪くなるのはよく知られています。また親知らず生えてくるとその周囲の歯茎が炎症を起こしやすいことも周知の事実です。ですから諸悪の根源のような親知らずはすぐに抜かれてしまいます。しかし、抜歯できない場合があります。この患者さんのように歯並びが正常で親知らずが上下ともきれいに生えていて正常に咬合しているケースでは、その歯がたとえ虫歯になっても治療して元の状態に回復してやるべきです。親知らずは第三大臼歯といって、口腔内の一番奥に位置しています。ですからその根管の治療はとても難しいのです。根管をリーマーという器具で少しずつ拡大していきますが、素手でするのはなかなか大変なのです。そこでマイクロモーターの付いた専用の機械で根管の拡大をしたりしますが、素手の場合と違って拡大している感触が伝わらないために十分な治療ができないことがあります。この患者さんの場合、根管を80番まで拡大して、根管充填をすることができました。しかもバーティカルと言って垂直的にしっかりと加圧してあるので再び細菌感染することはないでしょう。このような治療ができるようになったことは喜ばしいことなのです。

  • こんな高齢者の歯内療法はレベル4です

    画像をよく見てください。高齢者の歯ですが、その付け根の部分が楔(くさび)状に削られています。おそらく日々のブラッシングのために少しずつ削られていったのでしょう。このように楔状の欠損のある歯は、中の神経と血管の入っている根管が石灰化して大変細くなっているのです。若い頃は0.5~1ミリメートルの太さがあった根管ですが、このような高齢者の歯になると、その太さは数ミクロンから数十ミクロンの細い根管になってしまいます。このような歯の根管を治療する場合は、針の穴のような細い細い根管を探し出さなくてはなりません。目に見えないような根管を細い専用の器具で探り当てなければなりません。その難しさがフィギァスケートのレベル4に匹敵するのです。かなり深いところまで専用のバーで削っていかなければなりません。ですから相当なリスクを伴います。これも歯科医療の難しさの一面なのです。

  • 根管充填は歯科治療の根幹である

    根管の中を無菌化した後の緊密な根管充填は、やはり歯科治療の中では重要な地位を占めています。画像の中の歯の一番先端の部分の枝分かれした細い側枝の中にも根管充填の材料がきちんと入っているのが、お分かりになりますか。ここまできちんと治療を行えば側枝のすぐ横の黒い暗影の炎症のある部分は次第に治癒していき、今まで炎症を起こして使えなかった歯もまた咬めるようになります。

  • 根管充填とは、何ですか?

    先日のブログで説明したと思いますが、根管充填とは神経や血管が入っていた歯の中の歯髄のあった部分に、体に害のない薬剤を充填して細菌などが中に侵入できないようにすることです。ところが、この根管の内部は複雑な構造になっていて、途中で細く枝分かれしたり、あるいは隣の枝と合体してひとつになったり、あるいは網の目状になったりしているため、この中に緊密に薬剤を充填するのは実は至難の業なのです。そこで活躍するのが、レーザー照射なのです。レーザーを照射することによって、根管内部の滲出液の蒸散や止血や挫滅した歯髄組織の蒸散、乾燥ができるため、複雑な根管内への充填も可能になってきました。下のレントゲン写真を見てください。根の先の根充材の入っている白い棒状の周りに細かい網目状の白いものが見えているのがお分かりになるでしょうか。これが珍しい網状根管の充填写真です。これでdead space(死腔)はなくなり、細菌が巣を作ることはできなくなり、病気から解放されるのです。これも最先端の歯科医療なのです。

  • 根管治療とレーザー照射

    これは細菌に感染した根管の中にレーザーを照射しているところです。レーザー照射には、殺菌、消毒、滲出液の抑制、切削片の蒸散、消炎、スメアー層の除去、止血、挫滅した歯髄組織の蒸散などの効果があります。虫歯が進行して神経のある歯髄組織まで感染してしまうと、歯髄組織は死んでしまって細菌に感染した根管だけが残ります。このような歯を治すには、根管の中を殺菌消毒して感染した根管の表面をリーマーという器具で削り取らなくてはいけません。それからこの根管内に薬剤を浸み込ませた綿栓を置いてふたをして、中を殺菌していきます。根管の中が無菌状態に近くなったら、根管の中に根充材というものを緊密に入れて再び感染しないようにします。それを根管充填と言います。この根管充填の際に重要な事は、根管内を無菌乾燥状態にしてやることです。中に水分や滲出液が存在していたのでは、完全な根管充填はできません。根管の一番奥の方、一番先の方を十分に滅菌乾燥しなければなりません。そのためにはこのレーザー照射はどうしても必要なのです。これは歯科医療の中でも、最先端の技術なのです。

ご相談/お問い合わせ

0120-319-418つながりにくい場合0942-38-5511

診療時間

アクセス
西鉄天神大牟田線 西鉄久留米駅 徒歩約5分
九州自動車道・久留米インターより車10分
住所
〒830-0035 福岡県久留米市東和町1-6
田中歯科