いびきを習慣的にかいている人の約10%は睡眠時無呼吸症候群だと言われています。仕事の能率低下や居眠り運転事故を起こすなど、 社会生活にさまざまな支障をきたすこの病気を簡便で携帯にも便利なスリープスプリントで効果的に治療することを目指します。

いびきが習慣化していませんか?

いびき

部屋に響き渡るほど豪快にいびきをかいて寝ている方。一見ぐっすりと気持ちよく寝ているように見えますが、実はその逆で呼吸に大きな問題があり、眠りも浅い状態にあるため日中に疲れやすいといった弊害があります。

一緒に寝ている家族にも「いびきがうるさい!」と言われることもあるでしょう。

たかが“いびき”…と見過ごしがちですが、いびきは放っておくと健康に大きな害を及ぼすことをご存知でしょうか?

現在日本では、いびきが習慣化している方は2000万人以上と言われているほど国民病になりつつあります。心あたりのある方は、これを機会にしっかりと治療を始めましょう。

いびきが起こるメカニズム

いびきメカニズム

いびきが起こるメカニズムですが、いびきは基本的に仰向けで寝ている状態で起こります。睡眠によって体の緊張がほぐれ、舌がのどの方へと垂れ下がってくることにより、通常よりも気道が狭くなってしまうのです。

狭くなってしまった気道で呼吸をしようとする時、空気が無理やり気道を通るために喉に振動が起こり、その振動の音がいびきとなります。

扁桃腺が肥大している方や舌が通常よりも大きい方、肥満傾向の方、鼻炎の方は気道が狭くなりやすく、いびきをかきやすい傾向にあります。

悪化すると「睡眠時無呼吸症候群」に

睡眠時無呼吸症候群

日本人でいびきを習慣的にかく人の中の20%は「睡眠時無呼吸症候群」になっているというデータがあります。

この睡眠時無呼吸症候群は、何らかの理由により気道が閉塞し、空気が体内に取り込めず呼吸が止まっている状態です。

医学的に言うと、睡眠中に10秒以上呼吸が一時停止している無呼吸状態が7時間中30回以上、または1時間に5回以上起きると「睡眠時無呼吸症候群」と診断されます。

いびきをかいていたけど、少しの間静かになる、呼吸がとまっているような状態を繰り返す…という方は、治療をせずに放置しておくと生命に危険が及ぶ場合もあります。

呼吸が止まっている間は、酸素が体に取り込まれていないので、体内の酸素不足も問題になってきます。他の病気を引き起こす原因にもなりますので、早めに治療を始めましょう。

このような症状があったら要注意

  • よく大きないびきをかく
  • 歯ぎしりをする
  • いびきが数秒止まる時がある
  • 肥満傾向
  • 日中強い眠気を感じる
  • 夜中によく目覚める
  • 寝起きに口の渇きを強く感じる

いびき改善のためのスリープスプリント治療

スリープスプリント

当院では、いびきに悩んでいる方に専用のマウスピースを使った「スリープスプリント治療」を行っております。

スリープスプリント治療とは、その人の歯型から精密に製作したマウスピース(スリープスプリント)を睡眠時に装着して使用する“いびき”や“睡眠時無呼吸”対する治療方法です。

この特別なマウスピースを就寝時に装着すると、下のあごが上のあごより少し前に出た状態になり、舌がのどの方へ垂れ下がりにくくなります。そのため、睡眠中でも気道がしっかりと確保されしっかりと呼吸が出来るようになるのです。

このスリープスプリントは3回~5回ほどの通院で作成することが可能で、一度作ってしまえば半永久的に使用することができます。

薬や手術などの治療ではないので、気軽に始められ副作用の心配もありません。いびきに悩んでいる方は、まずこのスリープスプリント治療から始めていきましょう。

いびき治療は早めに始めましょう

強い眠気

いびきは身体が発しているSOSのサインだと思ってください。治療せずそのまま放置してしまうと、生命に危険が及ぶ可能性もあります。

何より、いびきが改善されれば良質な睡眠がとれるようになり日中も強い眠気や疲労感に悩まされることもなくなります。一緒に寝ている家族にも迷惑をかけなくてすむようになるでしょう。

百害あって一利なしのいびき。早めに治療していくことでその後の健康にも大きく影響していきますので、まずはお気軽に相談してみて下さい。

ご相談/お問い合わせ

0120-319-418つながりにくい場合0942-38-5511

診療時間

アクセス
西鉄天神大牟田線 西鉄久留米駅 徒歩約5分
九州自動車道・久留米インターより車10分
住所
〒830-0035 福岡県久留米市東和町1-6
田中歯科