インプラント

インプラント治療とは?

インプラント治療とは、虫歯や歯周病などによって失われた歯のない部分に、人工の歯根(インプラント)を埋め込む治療方法です。健康な歯を削ることなく治療が行え、また装着後もまるで天然の歯と同じような自然な感覚です。これまでの入れ歯などでは満足することが難しかった「噛んだり・食べたり・話す」という機能も回復できる治療方法なのです。

こんな場合にインプラントを

入れ歯が動く

「入れ歯が噛みづらい」「発音・発声に不便を感じる」「義歯が不潔になりやすく口の中が臭う」などでお悩みの方に

入れ歯をしっかり固定可能

数本の「インプラント」を植え込みます。入れ歯を維持装置で固定するため、入れ歯が動かずよく噛むことができます。

入れ歯に違和感を感じる

「入れ歯を不快に感じる」「入れ歯を金具で支えている歯に負担がかかって痛む」などでお悩みの方に。

金具を使用せず自然な仕上がり

歯の抜けた所へ「インプラント」を植え込みます。金具付きの入れ歯ではないので自分の歯のように噛むことができます。

健全な歯を削りたくない

「抜けた歯の両隣を削るブリッジ治療など健全な歯を削るような治療方法は遠慮したい」などとお悩みの方に。

健全な歯は全く削らず治療可能

歯の抜けた所だけを削り「インプラント」を植え込みますので、その他の歯を削る必要はありません。
 

安心できる製品を使用しています

より健康的な食生活を目指して、当院で使用しているPOIインプラントは日本メディカルマテリアル株式会社(京セラ)が開発した、国内で最も多く使用されている安全性の高いインプラントです。インプラント治療を希望される患者様は安心して治療をお受けください。重度の糖尿病や悪性の新生物の発症がない限り、十年の保証期間をお付けしています。
 
インプラントの上部構造物つまりかぶせ物は一般的な補綴物より数段精密に製作されます。それは大工さんに例えると宮大工の仕事のようなものです。ミクロン単位の仕事が要求されます。経験豊かな高い技術を持つ技工士のみが製作できるのです。
 
 
 

インプラントのかぶせ物の咬合面(ものを咬む面)は、そのインプラントの負担能力を十分に考慮して製作されなければなりません。インプラントの軸に垂直にかかる力と側方にかかる力を計算して、その形態を考えなくてはなりません。そうすることによって、長期間使用できるインプラントができるのです。

インプラント治療例

治療例 CASE1

上顎の奥の方には上顎洞という空洞があり、この空洞が下の方まで張り出している患者様は必然的にインプラントを埋入する骨の厚みが薄くなります。そのような患者さんの場合はそのままインプラントを埋入しても維持力が期待できず長持ちはしません。そこで上顎の骨が薄い場合は、サイナスリフト、サイナスフロアエレベーション、ソケットリフト等の骨を造成する手術を行わなくてはいけません。断層撮影法やCT画像を活用しながら埋入されるインプラントの周囲に十分な良質の骨を造成しなくてはいけません。インプラントの手術とは別途に費用はかかりますが、現在ではほぼ確立された方法ですから、安心して治療を受けられて下さい。造成された骨が十分に機能するまでだいたい四ヶ月から五ヶ月くらい必要です。
 

治療例 CASE2

この患者さんの場合は左上の一番奥のインプランの部分は骨が浅かったのでソケットリフトという方法で上顎洞の洞底を持ち上げて新生骨を造成したケースです。インプラントにする以前は十年以上の長い間パーシャルデンチャーという部分義歯を使っておられました。今では左上に4本のインプラントが入りましたから、喪失していたご自分の歯がよみがえったようだと大変喜ばれています。お口を大きく開いても以前の義歯のように少し動いたりすることはなく、また発音発声にも何の障害もありませんから、表情が大変若々しくなられていらっしやいます。 インプラントは患者さんの性格まで変えてしまう程素晴らしい付加価値を持っているのです。
 
 
左上にしっかりとしたインプラントが入ったために、今まで義歯を使用していた時には義歯の入っている隣の歯に見えていたクラスプと呼ばれる金具がなくなり歯並びが美しくなっています。
 
 
 

治療例 CASE3

前歯部や小臼歯部等で、骨の幅があまりない場合は、リッジエキスパンダーという細い骨に差し込んで押し広げる専用の手術器具を用いて、骨を押し 広げて埋入を行います。骨が細い場合は通常はGBRという特殊な組織遮断膜(メンブレイン)と自家骨、脱灰凍結乾燥骨、人工代用骨等を用いて新生骨を造成して対応するのが一般的ですが、骨の状態によっては、このリッジエキスパンダーを使って骨の幅を広げてからインプラントの埋入を行います。直径が1.6ミリメートルのリッジエキスパンダーを用いて慎重に若木骨折をさせ、次に直径が2.0ミリメートルのリッジエキスパンダーを少しずつ打ち込んで徐々に広げていき、その後ドリルを使って所定の深さの骨ホールを形成してインプラントを埋入します。
 
 
この患者さんの場合もインプラントをする前は、取り外すタイプのデンチャー(義歯)を使われておられましたが、その金具が掛かっていた犬歯に過重な圧が加わり動揺が出始めていました。そのままデンチャーを使い続ければ、その犬歯が負担過重のために駄目になることを経験的に知っておられたようです。ためらうことなくインプラント治療を受けられ、今ではこの犬歯の動揺も減少しており、しっかり噛めるようになったと喜んでおられます。
 

治療例 CASE4

この画像はデジタル画像を白黒反転させた映像です。黒い部分は金属などの硬い修復物です。この患者さんの場合は左下に2本のインプラントが入っています。バランスの取れた噛み合せの回復を行うこと、これが大切なことです。人間の下の顎は三次元的な複雑な動きをしています。その複雑な動きに適合した咬合面の形態を与え、長期間に渡って安定した噛み合せを保持できなければなりません。それを可能にし、患者さんの満足を得ることが、我々インプラント専門医の使命です。
 

治療例 CASE5

この患者さんの場合は右上の臼歯部に3本の歯がないのでインプラントを3本入れることになりましたが、ご覧のとおり上顎洞底までの距離が2〜6ミリメートル位しかないため、サイナスフロアエレベーションのテクニックを応用して、上顎洞底を8ミリメートル程上げることにしました。
その間隙には良質の新生骨を造成するために、骨誘導(osteoinduction)を持っている骨補填剤を入れており骨を形成する細胞を呼び集めて骨を増加させていきますが、さらにPRP(Platelet-RichPlasma:多血小板血漿)を利用して骨再生を促進させることにしました。
 
 
まず大臼歯部に2本のインプラントを埋入 しました。 上顎の骨は下顎の骨に比べると柔らかいために8ミリメートルの長さのインプラントでは咬合圧に耐えられません。
最低でも10ミリメートルの長さが必要です。この患者さんの場合10ミリメートルのインプラントを二本埋入し上顎洞底を8ミリメートル程リフトしています。さらに小臼歯の部分には、骨がないのでGBRつまり骨造成を行いました。
 
 
さらに五ヶ月して、小臼歯の部分にもインプラントを埋入しました。
これも上顎洞底を5ミリメートル位リフトしています。これですべての歯がそろいました。 あとはインプラントがしっかりと固着するのを待って、上の上部構造を作ればよい事になります。
 
 
 
 

治療例 CASE6

この症例は右上の2本の小臼歯が歯周病で動揺がひどくなったため抜歯した後のレントゲン像です。
右上(画像の上では左上になります)の残存している歯の横の小臼歯があった部分が黒く窪んでいるのが判ると思います。
つまりこの部分の歯槽骨は吸収されてなくなっているのです。
この部分にはこのままではインプラントを入れることは出来ません。
そこでこういうケースではGBR(Guided Bone Regeneration)という骨再生増大の手術を行わなくてはなりません。
 
 
この画像は吸収されてなくなった所にGBRという骨造成の手術をした後のレントゲン像です。
骨補填材を入れた上に非吸収性の人工的なメンブレイン(遮断膜)をピンで固定しています。
チタンという金属の梁が入っているのが、お分かりいただけると思います。こうして五、六ヶ月すると、新生骨が増加して十分に機能できる骨が出来上がってきます。
 
 
GBRの手術後、六ヶ月後のレントゲン写真です。
既にメンブレインは取り除かれています。骨が再生しているのが明瞭にお分かりになると思います。
このように骨が十分に造成されると、インプラントの埋入が可能になります。
 
 
再生された歯槽骨にインプラントを埋入しました。
これで数ヵ月後に上部構造物を製作すれば、右の方でも噛むことが出来るようになり、左右のバランスのとれた咬合(咬み合わせ)の回復ができるようになります。
 
 
 
インプラントがしっかりと固着したところに、上部構造物を装着した画像です。
これで右も左もしっかりと噛めるようになりました。患者さんにも満足していただけました。
 
 
 
 
白黒反転した画像です。
反転すると骨の状態がよく判ります。
インプラントの治療では咬合、つまり咬み合わせの配慮が大切で、これにより長期間の使用に耐えられるようになります。
何よりも力学的なバランスが重要です。
 

治療例 CASE7

右下の歯のなかった所に2本のインプラントが入って咬めるようになりました。しかし左上の(画像では右上になります)歯のない部分は骨の厚さが3から5ミリしかありません。
そこでこのような部分には、上顎洞の壁に窓を開けてそこから骨になる補填材を入れる手術を行います。
この手術をサイナスリフトと言います。この手術はある程度の経験を必要とする難しい手術です。
 
 
サイナスリフトの手術をした後のレントゲン写真です。骨のなかった部分に骨補填材が入っているのがお解かりになると思います。
上顎洞内に満たされた骨補填材は五ヶ月程すると、硬い骨に変わり、インプラントを埋入することが可能になります。
それから数ヶ月すると歯が入って咬めるようになります。

ブログ更新情報

お電話でのお問合わせ
0120-319-418
0942-38-5511

【受付時間】
■平日
9:00〜12:30
14:00〜19:00
■土曜
9:00〜16:00
【休診】
日曜/祝日